UQモバイル メリット8選とデメリット2選を簡単に紹介

UQモバイル メリット・デメリット格安スマホ-格安SIM
UQモバイル メリット・デメリット
この記事は約4分で読めます。

UQモバイルはCMでもよく見ますし値段も安そうだけど本当に大丈夫?という疑問にお答えします。

auを利用している方には特におすすめの格安スマホだよ

基本的な料金プランは以下となっています。

スマホプランSスマホプランRデータ高速プランデータ無制限プラン
月額料金1980円2980円980円1980円
基本データ容量3GB10GB3GBまで受信最大225Mbps
(送信最大25Mbps)
3GB以降送受信最大200Kbps
容量無制限で送受信最大500kbps
節約モード時最大300kbps最大1Mbps
通話料20円/30秒20円/30秒

通話オプション

かけ放題(24時間いつでも)かけ放題(10分/回)通話パック(60分/月)
1700円700円500円
公式サイトはこちら

UQモバイルのメリット8選

通信速度が速い

格安SIMは通信速度が遅くなることが多いのですが、口コミでもUQモバイルは早いという答えが多くなっています。

家族割がある

家族で契約した場合、2回線目以降の基本料金が最大9回線まで毎月500円引きになるサービスを行っています。

離れて暮らす家族でもOKなため、適用範囲が広いです。

データ容量の繰り越しができる

余ったデータ容量を翌月に繰り越すことができます。

繰り越したデータ容量は繰り越しされた月までの有効期限です。

口座振替に対応している

毎月の支払いにはクレジットカード払いのみ対応をしている格安SIMが多いです。

UQモバイルはクレジットカード払いに加え、口座振替に対応しています。

クレジットカードを持っていない方でも利用することができるので安心です。

実店舗がある

全国に実店舗が多いため、サポートが充実しています。

テザリング無料

大手キャリアでは有料のこともあるテザリングが無料で利用できます。

キャリアメールが使える

月額200円の料金はかかりますが、「@uqmobile.jp」ドメインのメールアドレスを取得し利用することができます。

キャリア決済が使える

「auかんたん決済」を利用することができます。

UQモバイルのデメリット2選

選べるプランが少ない

データ高速プラン、データ無制限プラン、スマホプランS、スマホプランRの4つしか選べるプランがありません。

選べるデータ容量も少ないのがデメリットとなります。

au回線のみ

auのサブブランドとなっているため、提供している回線はau回線のみとなっています。

ドコモやソフトバンクで使っていたスマホではSIMロック解除が必要な他、端末によっては使用できない可能性もあるため動作確認をしておく必要があります。

まとめ

デメリットもありますが格安スマホの中ではおすすめの会社となっています。

メリット・デメリットを確認して快適なスマホライフを送りましょう。

公式サイトはこちら
タイトルとURLをコピーしました