楽天カードのメリット・デメリット

楽天カードイメージ楽天
楽天カードイメージ
この記事は約3分で読めます。

楽天カードマーン!の宣伝でお馴染みの楽天カード

そらいぬ(@sorainu355)は楽天ユーザーです。
もうすぐ通算獲得100万ポイントなので一応ヘビーユーザーだと思います。

楽天市場には楽天SPUなどいろいろな制度・メリットありますが、
ここでは楽天カード自体のメリット デメリットをご紹介します。

楽天経済圏に入るには1枚持っとかなきゃだね

楽天カードのメリット

年会費無料

楽天カードは年会費無料となっています。上位カードとなる楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカードは年会費有料です。

還元率1%

楽天カードの還元率は1%です。100円につき1ポイントが付与されます。

ブランドが4つから選べる

VISA、Mastercard、JCB、American Express の4つから好みのブランドを選ぶことができます。

入会キャンペーンの多さ

頻繁に入会キャンペーンをしており5000ポイントから8000ポイントをもらうことができます。

審査が甘い

楽天カードは入会時の審査が比較的甘いといわれています。
主婦の方でも申し込むことができます。

楽天Edyが付与できる

楽天Edy機能が付与できます。
楽天カードを使って楽天Edyで支払うことができます。

楽天ポイントカードの機能もついている

楽天ポイントカードの機能もあるため、加入店でポイントをためることが出来ます。

カード利用お知らせメールの設定ができる

カード利用後最短翌日に利用のお知らせメールをもらうことができ、不正使用の発見に効果があります。

楽天カードのデメリット

ポイントの種類に注意 期間限定ポイント

楽天カードで付与されるポイントには通常ポイントと期間限定ポイントがあります。
期間限定ポイントはその名の通り有効期限があるため注意が必要です。
ポイントを使用すると期間限定ポイントから消費されます。

明細書の郵送に手数料

紙の利用明細書が欲しい場合は1回につき税込み84円の手数料がかかります。

ETCカードが基本有料

税込み550円の年会費がかかります。

券面がダサい?

一部のユーザには券面がダサくて使えないと評判です。笑
自分は全く気にしていません

まとめ

楽天カードはクレジットカードとして高還元率で優秀なカードです。クレジットカード初心者が持つカードとしても優秀なのでぜひこの機会に申し込むのをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました