おすすめのキャッシュレス決済を比較 非接触とQRコード スムーズにまたはお得に支払うには?

キャッシュレス決済節約情報
この記事は約5分で読めます。

キャッシュレス決済にはいろいろな種類があります。

このページではスムーズに支払いたい時のキャッシュレス決済と
お得に支払いたい時のキャッシュレス決済を紹介しています。

キャンペーンの条件が複雑で面倒ですので
ある程度簡単に参加できるもので絞りタイプ別にまとめました。

キャッシュレス・消費者還元事業は2020年6月30日まで
還元事業に登録されているお店で、登録されている決済方法を使えば還元が行われます。

おすすめのキャッシュレス決済の比較

還元はそれなりでも楽に便利に支払いたい 非接触

JCBのキャンペーンは登録が必要でしたが、一度登録すればQUICPayで支払うだけ。
スマホをかざすだけの便利さはかなりのものです。

QRのように表示するひと手間も面倒な方はかざすだけの非接触決済を続けましょう。
支払えるお店が多いので幅広く利用できるのはQUICPay・iD・楽天Edyです。
消費者還元事業の還元を受けることができます。

簡単な特徴を紹介します。

QUICPay

基本クレジットカードのポイントが付きます。
JCBカードをそのまま使い続けてもいいですが、高還元カードに変更するのがおすすめです。
AndroidであればLINE Payでも使えます。

iD

基本クレジットカードのポイントが付きます。
支払いスピードが早いです。
ドコモの端末しか使えませんが、メルペイを使えばauなどでも利用することができます。

楽天Edy

こちらも支払いスピードが速いです。
QUICPayとiDは後払い式のためクレジットカードが基本必要ですが、
Edyは先払い式のためチャージ方法がいろいろあります。(現金、クレカ、ポイントなど)
使えるところもかなり多いです。

注意点

QUICPay・iDは基本クレジットカードからの支払いになります。
基本的に1枚につき15000円/月が還元限度額になりますので月30万までは還元されます。
還元方法は各カード会社によるため確認必要です。
Google Payならカードの登録・変更も簡単なのでおすすめです。

その他にはWAON、nanaco、suicaなどがあります。かざすだけのスピード感は同じです。

WAON

イオン系列のほかセブン以外のコンビニでも利用できます。
意外と使える場所が多いです。

nanaco

使えるお店が増えてきてはいます。
セブン&アイ・ホールディングス系列の利用が多い人はおすすめです。

suica

コンビニの利用ばかりなら地方でもメインで利用できます。
JRをよく使う都会の方は必須です。

ひと手間かかってもお得を目指したい QRコード

登録やキャンペーンを使いこなしお得を目指す方は流行りのQRコード決済も利用します
現在各社でキャンペーンが行われておりうまく使うとお得さは跳ね上がります。

簡単な特徴です。

PayPay

使える場所がかなり増えています。
キャンペーンもどんどん行っています。
Yahoo! JAPANカードを用意するのがポイントです。

楽天ペイ

楽天ユーザーであれば必須です。
期間限定ポイントを使うことができます。
基本楽天カードを登録して使いましょう。

LINE Pay

LINEを普段利用している方なら登録の手間が少ないかもです。
銀行口座や店頭レジでチャージできます。
Android端末だとQUICPayがつかえるので、ポイントがまとめやすいです。

d払い

ドコモユーザーなら使いやすいです。他のユーザーでも利用できます。

メルペイ

iDとして利用できるので使えるところが多いです。
メルカリ残高から利用することができます。メルカリユーザーならおすすめです。
メルカリあと払いもありクレジットカードのように後払い方式でも利用できます。

au Pay

auWalletと連携していてauユーザーなら使い勝手がよくておすすめ。

おすすめの利用方法

全ての支払い方法を持ち一番還元される方法を選択するのが一番還元率は上げることができます。
しかしそれはかなり難しく、還元されるポイントなどもまとまらず使い勝手は悪くなります。

自分が現在利用しているサービスをメインに何個か絞って利用し、
時間がある時ない時で使い分ける。
特にお得なサービスやキャンペーンがあれば利用を検討

これが一番楽で、還元も受ける方法ではないかと思います。

そらいぬ の利用法

自分が現在利用している支払い
メイン
  • QUICPay (楽天カード)
  • PayPay
  • メルペイ
  • 楽天Pay
サブ
  • 楽天Edy
  • WAON
  • suica
  • Origami Pay
  • ファミペイ
  • auPay

こんな感じで利用しています。
もちろん1つしか決済方法がなければその決済方法ですが、基本楽天ポイント狙いです。
最終手段はもちろん現金ですが、なるべく現金オンリーの店には行きません。

時間がある時
  • 利用しているサービスでキャンペーンがあればその支払い方法
  • 楽天Pay
  • PayPay
  • iDが使えメルカリの売り上げがあればメルカリ
  • QUICPay
  • サブで検討
  • 楽天カード
時間がない時
  • QUICPay
  • iDが使えメルカリの売り上げがあればメルカリ
  • 楽天カード

サブはそれだけ使えるお店のために入れてる感じです。

楽天EdyはEdyしか使えないお店のために入れてますが少額しかチャージしておらず、ほぼ利用していません。
suicaは旅行した時用ですね。愛媛の田舎ではJR交通系電子マネー導入されてないし(´;ω;`)

まとめると時間がない時は非接触かクレカ、時間がある時はQRから検討ですね。

いろいろな決済が増え複雑になっています。
惑わされないように絞って考えお得に利用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました