LINEモバイル メリット5選とデメリット4選を簡単に紹介

LINEモバイル メリット・デメリット格安スマホ-格安SIM
LINEモバイル メリット・デメリット
この記事は約3分で読めます。

ばっさーのCMで有名なLINEモバイル

実際どういう格安スマホなのかメリットデメリットを簡単に紹介します。

SNSをメインで利用する方にはおすすめです!

基本情報は以下になります。

データ容量音声通話SIMデータSIM(SMS付き)
500MB1100円600円
3GB1480円980円
6GB2200円1700円
12GB3200円2700円

通話料金20円/30秒 10分かけ放題オプションあり(月額880円)

公式サイトはこちら

LINEモバイルのメリット 5選

主要3キャリアの回線に対応

ドコモ・au・ソフトバンクの回線を利用しているのでどのキャリアからでも乗り換えることができます。

データフリーオプションがある

以下のデータフリーオプションがありSNSをよく利用する方にはお得になるメリットがあります。

データフリーオプション対象アプリ料金
LINEデータフリーLINE月額0円
SNSデータフリー上記+
Twitter
Facebook
月額280円
SNS音楽データフリー上記+
Instagram
LINE MUSIC
Spotify
AWA
月額480円

LINE payカードでの支払いが可能

LINE payカードとは発行手数料、年会費無料のプリペイドカードのことです。

クレジットカードではないですが、こちらを使えば現金や口座振替として料金を支払うことができます。

LINEの友達とデータシェアができる

LINEアプリでつながっている人であれば、誰とでもデータシェアをすることができます。

テザリング無料

大手キャリアでは有料のこともあるテザリングが無料で利用できます。

LINEモバイルのデメリット 4選

通信速度はいまいち

格安スマホの問題ですがLINEモバイルの通信速度はいまいちとの評価が多いです。

取扱店舗が少ない

LINEの実店舗はないため、WEBでのやり取りがメインとなりますのでサポート面で不安があります。

キャリアメールが利用できない

キャリアメールの提供はしていません。

一定期間解約金がかかる

解約金1000円が必要となっています。
最低利用期間(12か月間)を過ぎれば解約金は無料になります。

まとめ

SNSを多く使う方はデータフリーオプションがあるため、契約GBを少なくすることができ
お得になる可能性があります。

データシェアもLINEを使っている人とならできたりと、LINEをよく利用する人にはメリットが大きい格安スマホになっています。

公式サイトはこちら
タイトルとURLをコピーしました