【ジャンボ門松】お正月に見てみたい愛媛の門松まとめ

門松イメージえひめ
この記事は約3分で読めます。

先日、西予市野村町で高さ2020センチの門松が飾り付けられたとのニュースがありました。

そらいぬ(@sorainu355)です。

ジャンボ門松って各地にありますよね。

野村町の門松は来年の西暦にあわせた高さとなっているみたいです。

今回は門松の意味と愛媛県で見に行ってみたいジャンボ門松について紹介します。

門松とは

お正月には歳神様がやってきます。

歳神様に来ていただくための目印で、依り代になるものです。
歳神様が宿るものなので処分にも気を付ける必要があります。

一年の幸せを祈るための正月飾りです。

ジャンボ門松だとなんとなくですが、大きいご利益がありそうな気がしますよね。

お正月に見てみたい愛媛の門松一覧

西予市野村町のジャンボ門松

  • 場所 西予市野村町 旧中筋小学校
  • 期間 2020年1月7日まで


地元住民の方々が地域を盛り上げるために2年前から作っています。

高さは来年の2020年にあわせて2020センチです。

18時から20時まではライトアップも行われています。

JR宇和島駅のジャンボ門松

  • 場所 宇和島市 JR宇和島駅
  • 期間 2020年1月15日まで

毎年恒例となっている宇和島駅のジャンボ門松です。

高さは3.5メートルで年末年始の帰省客・観光客のため、協力団体宇和島八日会のメンバーが飾りつけを行っています。

赤い南天、台座には葉牡丹など豪華なつくりです。

とべ動物園の職員手作り門松としめ縄飾り

  • 場所 砥部町 とべ動物園
  • 期間 2020年1月13日まで


開園時から続いている恒例行事となっていて、職員の方が手作りしています。

園内に自生している竹を切り出したりしているのが特徴です。

愛南署のジャンボ門松

  • 場所 愛南町御荘平城 愛南署
  • 期間 2020年1月10日まで

ドライバーへの安全交通を呼びかける目的で設置されています。

今年で20回目となる5.5メートルのジャンボ門松です。

まとめ

地域でいろいろな門松がありますので、寝正月になりそうな方は見に行ってみてはいかかでしょう。

20メートルの門松は迫力がありそうですね。

タイトルとURLをコピーしました