イオンモバイル メリット5選とデメリット4選を簡単に紹介

イオンモバイル格安スマホ-格安SIM
イオンモバイル
この記事は約3分で読めます。

イオンモバイルはイオンリテールがサービスを提供している格安SIMです。

誰もが知ってる「イオン」がサービスしている格安SIMだね。

基本的な料金プランは以下になります。

データ容量音声プランデータプランシェア音声プラン
500MB1130円
1GB1280円480円
2GB1380円780円
4GB1580円980円1780円
6GB1980円1480円2280円
8GB2680円1980円2980円
12GB2980円2380円3280円
14GB3580円2980円3880円
20GB3980円3280円4280円
30GB4980円4280円5280円
40GB5980円5480円6280円
50GB6980円6480円7280円

通話料金20円/30秒

通話オプション

イオン電話イオン電話10分かけ放題050かけ放題
国内通話一律10円/30秒10分以内の国内通話かけ放題050IP電話サービス利用の国内通話かけ放題
イオンモバイル
公式サイトはこちら

メリット 5選

シェア音声プランがある

最大5枚のSIMカードで容量をシェアすることができます。

追加するSIM1枚につき以下の月額料金がかかります。

SIMタイプ2~3枚目4枚目以降
音声通話SIM700円900円
SMSデータSIM140円340円
データSIM0円200円

プラン数が多い

月500MB~月50GBまでの12種類のデータ通信量が用意されています。

店頭受付が可能

全国にあるイオンでの店頭受付が可能です。

データ容量の追加が安い

データ容量を1GB単位で購入でき、1GBを480円とかなり安く追加購入することができます。

データ容量の繰り越しができる

余ったデータ容量を翌月に繰り越すことができます。

繰り越したデータ容量は繰り越しされた月までの有効期限です。

デメリット 4選

シェア音声プランは同一名義

シェア音声プランはすべて同一名義でなければ契約できない。

家族全員でMNPしようとするときにそれぞれの名義の場合、名義を統一してからMNPする必要があります。

通信速度はいまいち

格安スマホの問題ですがイオンモバイルの通信速度はいまいちとの評価が多いです。

キャリアメールが利用できない

キャリアメールの提供はしていません。

支払い方法はクレジットカードのみ

口座振替には対応していません。

まとめ

料金は格安SIMの中でも安い部類に入ります。

シェア音声プランなど使い勝手がいいプランもありますので、タブレットなどを2台位持ちしているなど使い方によりおすすめの格安スマホです。

イオンモバイル
公式サイトはこちら
タイトルとURLをコピーしました